でぃぐる君のレコ日記7月1日(水) produced by RA’S DEN RECORDS

皆さんこんにちは、でぃぐるです!

月に一度、大好きなレコードのことを中心に僕の日常も含めていろいろと皆さんに紹介していきます。
第一回目ということで、まずは最寄りのレコード屋さんを紹介します。

僕の地元、大分県の大分市にあるレコード店「RA’S DEN RECORDS(ラーズデンレコーズ)」は
開業して3年らしく、コーヒーやお酒を飲みながらディグれるレコ屋です。
DJイベントなんかもやってるのでras-den.comをチェックしてみてください。

ここは在庫数約3,000枚、中古レコードが中心で、HipHopやHouseなどの王道なクラブ物からBreakBeats,Electro,Droneなど幅広く取り揃えてます。
またJazz,Latin,Bossa,Afroなど生音も力入れてるみたいです。

ついでにラーズデンの店長の10inch「Kaisou EP」はナイスなブレイクビーツでオススメ。
店頭に行けば、この盤のデザインを手掛けた仙台のペインター”Syunoven”の壁画や原画が観られますよ。

大分県繋がりということで紹介したいレコードを少しだけ。
まずは辛島文雄さんというジャズ・ピアニストで、この方はコルトレーンのバックで叩いてたジャズ・ジャイアントことエルビン・ジョーンズのジャズ・スピリッツを継承する第一人者であり、日本のトップピアニストの一人です。
この盤は僕の生まれた1980年にリリースされており、辛島文雄( P ) 、井野信義( B )、ジョージ大塚( Ds )のトリオ作。
エルビン・ジョーンズ・グループへ参加前の脂の乗った辛島文雄さんの好演奏が楽しめます。

つづいては両親が宇佐市出身で別府のダンスホールでジャズ・ピアノを始めたという、日本を代表するジャズ・ピアニスト、秋吉敏子さんの代表作の一枚。
26歳の時に吹き込んだ米国初録音作。秋吉敏子( P )、ポール・チェンバース( B )、エド・シグペン( Ds )のトリオ作。
昨年10月に、別府ビーコンプラザで行われた、Monday満ちるとの親子共演は大分県では知っている人も多いと思います。
ワインコレクターな彼女の作品を極上のワインを味わいながら音と味を共に堪能するってのもなかなか良いですよ。

 

一回目はサクッとこんな感じで。
それではまた来月お会いしましょう♪

Ra’s Den Records

Cafe bar & Music store
cafe bar, records, CD, DJ’s materials, party organize, rental space.

【営業時間】
sun – thu [13:00 – 22:00]
fri – sat [13:00 – 24:00]
wed close

【住所】
〒870-0029 大分県大分市府内町3−5−13 第2石松ビル2F

【お問い合わせ】
tel / fax 097-547-9778

でぃぐる
月に一度、大好きなレコードのことを中心に僕の日常も含めていろいろと皆さんに紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top