カクシンハンじゃじゃ馬ならし大分公演特別連載『じゃじゃ馬たちは今夜もねむらせない』第一回

第1回
「僕が玖珠ここのえで演劇をする理由」

僕は、一九八三年七月十一日、大分で生まれたらしい。らしいというのは、あまりに転々としていて、故郷がどこかわからなくなっていたから。大分での取材でも記者に笑われた。でも本当だから、しょうがない。

両親が玖珠で生まれた。それは知っていた。父と母は、玖珠で出会い、恋に落ちた。そして、ロミオとジュリエットのように東京へ駆け落ちし、僕をドコカで産んだ。

二人は多くの男女がそうであるように、別れて、別々の人生を送った。

母に引き取られた僕は、もう一人の新しい父にすくすくと育てられ、母の教えのもとたくさんの本を読んだ。引越しに次ぐ、引越し。世界を転々と過ごした。

大海原を漂う一滴の水のように、あっちへこっちへふらふらと連れて行かれ、その中でありふれた生活をし、勉強もし、恋に落ちたり、音楽を聞いたり、そして大学に行き、東京で演劇と出会った。

演劇創作に明け暮れていると、ルーツが知りたくなった。原点。生まれ。ルーツのない人間はいない。

玖珠には、祖母がいる。よもぎを摘み、トキハで買い物する祖母。かつては祖父もいた。釣りが趣味で、温泉を掘り当てた。その玖珠で、父と改めてゆっくりと話し、大分で生まれたことが判明した。

僕が生まれたのは東京ではなかった。駆け落ちした二人は、僕を生むために大分に戻っていたのだ。

紛れもなく玖珠が僕の故郷で、僕のルーツは大分県の玖珠だった。

今、僕は、東京でバッキバキのシェイクスピアを上演する若手カンパニーを主宰し、演出している。飛ぶ鳥を落とす勢いらしい。らしいというのは、まだ走り出したばかりで僕自身、どうなるかなんてわからないから。都会での演劇は、挑戦することで舞台が躍動する。集団が挑戦するエネルギーで、多様な価値観がクラッシュし、演劇が「力」を発揮する。来年一月には東京芸術劇場で『マクベス』を上演する。他にもたくさんの演出をする予定だ。
しかし一方で、故郷で、東京とは違った演劇創作をしてみたくなった。

その欲求は必然だと思う。

五年前、ヨーロッパを放浪していた時、最も鮮烈だったのは、ロンドンナショナル・シアターの上演でも、パリのバスティーユのモダンバレーでも、シャウビューネの現代演劇でも、アムステルダムの都会的な前衛オペラでもなかった。(もちろんその輝かしい作品たちは、優れて先鋭的でオモシロかったのだが!)

僕の心のすべてを支配したのは、シチリア島のタオルミーナにあった古代ギリシャの野外劇場だ───背後には海が広がり、天が大地を見下ろし、そこには劇場が、僕らの世界を吸い込むような圧倒的な雄々しさで、存在していた。

演劇の起源(ルーツ)は言うまでもなくギリシャだ。その影響のもとシチリアに建設されたギリシャ劇場は、紛れもなく、もう一つのセカイそのものだった。

そんな都市とは違った演劇の「力」を、僕は探求する必要があるし、その情熱は抑えられない。そしてそれはきっとこの先、演劇をするということの大事な鍵(キー)になるだろうと考えている。

いきなりタオルミーナのようなギリシャ劇場はできない。なにしろ僕はまだルーツを見つけたばかりだ。故郷である玖珠で、ギリシャ劇場のようなルーツに深く関わる演劇をやり続けることこそが、演劇の本質に触れることなのではないかと考えている。

初めの第一歩。これからも僕は進めていく気でいる。困難もあるだろう。初めの一歩はささやかだが、その一歩は大きい。

その一歩を見逃さないでほしい。

僕は、渋谷のフレッシュネスバーガーでThe Strokesを聞きながら、そんなことを考えて、この原稿を書いている。ルーツである玖珠は遠い。僕は帰りがけにRadioheadの新作アルバムを買うだろう。

僕のルーツは一体なんなんだ?

旅は始まったばかり。

 

木村龍之介

1983年大分県生まれ、両親が玖珠郡出身で、兵庫県宝塚育ち。演出家。
東京大学で文学を学びながら俳優、演出部として創作の一端を担う。2012年にカクシンハンを立ち上げ、自身の創作活動へ。古典を大胆に解釈し、多様な演劇の手法を取り入れた演出で現代と古典のクラッシュ(衝突)を生み、同時代のエンターテーメントとして戯曲に新たな息吹を吹き込む。

 

 

- カクシンハンPOCKET03『じゃじゃ馬ならし』大分(玖珠ここのえ)公演 -

【開催日】
2016.07.29 fri – 07.31 sun

【時間】
07.29 fri
13:00 – 15:00 「小・中・高生のための楽しい演劇教室」
20:00 -     「カクシンハンPOCKET03『じゃじゃ馬ならし』」

07.30 sat
13:00 – 15:00 「小・中・高生のための楽しい演劇教室」
17:00 -     「カクシンハンPOCKET03『じゃじゃ馬ならし』」

07.31 sun
13:00 -     「カクシンハンPOCKET03『じゃじゃ馬ならし』」
17:00 -     「カクシンハンPOCKET03『じゃじゃ馬ならし』」

【会場】
玖珠町立わらべの館
〒879-4403 大分県玖珠郡玖珠町大字森868-2
電話 0973-72-6012
大分自動車道 玖珠インターから車で5分(国道387号線)
JR豊後森駅から車で7分
国道210号線と国道387号線の交差点から車で10分

【料金】
前売り料金:大人2,500円/学生1,000円
発売開始:6月29日(水)

【チケットについて】
<前売りチケット販売店>
スガタ文具店、住本商店、大根屋書店、都久屋書店、日野書店
シャインホテルくす、食事処春日、九重のここのパン屋、カモシカ書店

<ネット販売>
https://www.quartet-online.net/ticket/kakushinhan

<電話予約・お問い合わせ>
0973-76-3755(カクシンハン公演春日事務局)
070-6634-2593(劇団制作)

【キャスト】
演 出:木村龍之介
出演者:真以美、穂高、岩崎MARK雄大、阿久津紘平、大津留彬弘(以上、カクシンハン)、杉本政志(劇団AUN)、神保良介

カクシンハンをチェック!
〔オフィシャルサイト〕http://kakushinhan.org
〔Facebook〕https://www.facebook.com/kakushinhan.org
〔Twitter〕https://twitter.com/kakushinhan
〔YouTube〕https://www.youtube.com/channel/UClCgJa4Ng0syQ1fEHUMmIzQ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です